RSS | ATOM | SEARCH
台北でポケットWiFi、タブレット、グーグルマップを使いたい。
 今月の台湾旅行、タブレットでGoogle Mapを使いたい。昨年京都に旅行に行ったとき、グーグルマップに予め行きたいお寺やお店の情報をインプットしておいて、タブレット中のグーグルマップで現在位置と目的地をつなぐ最短ルートを確認したり、空き時間が出来て、急遽追加で行きたい場所やルートを確認したりと、かなり便利にだった。

 よって今回の台湾旅行でも、グーグルマップを大いに活用したい。ぼくら夫婦は、ガラケーでスマホは使っておらず、ポケットWiFiとiPad miniを合わせてグーグルマップを旅先で活用している。しかし、ググってみるとdocomoなど国内で普段使っているポケットWiFiを海外にそのまま持って行って使うと、パケット代が非常に嵩むようだ。

 ネットで調べてみたら、台湾で使えるポケットWi-Fiを予めレンタルして現地に持って行って使えば、結構お得感があるようだ。でも、さらに調べてみたら、すでに国内用のポケットWi-Fiの端末を保持している僕の場合は、台湾現地でプリペイド式のSIMカードを購入して、普段国内で使っているSIMカードと入れ換えれば、使い慣れた端末で、台湾でもWi-Fiをより低料金で使えることが分かった。ただし、これもよいこと尽くめとはならず、
 
 *プリペイド式SIMカード購入後に、ログインを可能にするために、自分でIDやパスワードを要設定

 *普段国内で使っている端末が、Docomoの端末のようにSIMフリーでない場合、渡航前にSIM解除が必要


という面倒な点があるようだ。特にdocomoの場合は、SIM解除の手続きのために、端末を一旦Docomoの窓口に預けなくてはいけないらしい。幸いにして、僕の端末はEmobileで、最初に購入した時点からSIMフリーになっていることが分かった。よって、ログイン設定さえ現地で自分でやれば、台湾現地のプリペイド式SIMカードを、直ぐに活用できそうだ。

Emobile_Pocket_WiFi


 こうしてみると、国内で渡航前にポケットWi-Fiをレンタルする場合も現地でプリペイド式SIMカードを購入する場合も、それぞれに長所と短所があるようです。そこで今回は、特に台湾はリピーターと言ってよいくらい、今までもこれからも何度も訪れることになるので、日本で予めWiFiの端末をレンタルし、尚且つ普段使っているEMobileのWiFi端末に現地購入のプリペイドSIMを利用してみて、どちらが使い勝手が良いか比較評価してみることにします。使ってみた感じは、台湾現地からレポートします。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ<--応援ポチ、是非お願いします。





海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi





JUGEMテーマ:WiFi


author:ミノチャゲ, category: 旅(台湾), 22:30, comments(2), -, -,    
Comment
ヒョウちゃんさんへ

なるほど、現地で端末そのものを買うという選択肢もあるわけですなぁ。僕の場合、通話は必要ないです。データ通信だけでOKです。しかし、機械に疎い僕は、どんな機種を買えばよいのかよく分からず.....。そういうもの買うために品定めして無駄な時間を使っていると、カミさんに怒られそうだし(笑)。
ミノチャゲ, 2014/02/02 5:46 PM
お久しぶりです。
自分の場合もバンコクでちょっと迷ってしまい、マップの使えるSIMフリーのスマホを購入してしまいました。
といっても、まだ海外では使っていませんけど。
同時にPCも持参なので、スマホからばりばりモバイルというわけではなさそうですが。
e-mobileの端末と同じ形状のSIMが使える機種を購入してくれば、日本でも台湾でも同じ端末で事足りるんじゃないでしょうか。
もっとも、自分のSIMフリーの端末はSIMがデータ通信専用なので、日本では通話できませんけど。
よって2台持ち状態です。
ヒョウちゃん, 2014/02/02 3:46 PM