RSS | ATOM | SEARCH
鼎泰豐でのオーダーの仕方
台北に行くと、必ず鼎泰豐に行く。10年の間に度々台湾を訪れ、鼎泰豐以外のお店でも色々試したが、やっぱり小籠包は、ここが一番好きな味というのが、僕とかみさんの共通した意見。



しかし、僕もかみさんも10年経って、確実に歳をとった。始めて台湾を訪れた頃とくらべて、一度に食べられる量は確実に減った。鼎泰豐の小籠包は一種類ではないし、他にも美味しいメニューが一杯!少人数で、できるだけ色々な味を楽しもうと思ったら、一品毎の量は減らしたい。
そこで、試しに本来一つの蒸籠に10個小籠包が入っているところを、5個にしてもらえるか、店員さんに聞いてみた。そうしたら、OKだった。これならば、かみさんと二人で、より多くの種類の小籠包やその他のメニューを楽しめる。

以下は、オーダー表への記入例。通常、各小籠包の欄に「1」と記入すると、一蒸籠に10個の小籠包が入って出てくる。その記入を、「0.5」とすると、小籠包の数は5個になる。一応、記入したオーダー表を店員さんに渡す時、"5 pieces each" と言って念をおした。




実は、今月の台湾旅行では、別の小籠包の有名店にも行ったのだが…、そちらは一蒸籠に5個という少量のオーダーは受け付けてくれなかった。益々、僕ら夫婦の間では、鼎泰豐への評価は高まるのであります。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ<--応援ポチ、是非お願いします。




JUGEMテーマ:台北

author:ミノチャゲ, category: グルメ(台湾), 21:30, comments(0), -, -,    
Comment