RSS | ATOM | SEARCH
茶葉: 阿里山高山烏龍茶
 皆様、明けまして、おめでとうございます。本年も、皆さんと楽しくお茶の世界を満喫していきたいと思います。改めまして、宜しくお願い申し上げます。  さて、昨年の大晦日の投稿で予告しました通り、今年の目標として、実茶藝館では、茶葉を紹介するページの充実を図っていきたいと思っております。  その準備として、まずこのブログにおいて実際にお茶を淹れたときの感想を少しずつ投稿していき、種類別にある程度まとまった段階で、HPのページにまとめていきたいと思います。  本日は、その第一弾。阿里山高山烏龍茶です。 茶葉 : 阿里山高山烏龍茶 種類 : 青茶(半発酵茶) 産地 : 台湾(阿里山) 購入店 : 三宝園  阿里山03阿里山02阿里山01 台湾の高山烏龍茶は、私の中では、中国・雲南省産のプーアル茶と並んで最も好きなお茶と言えるかもしれないです。 台湾には、色々な高山茶がありますが、阿里山は凍頂山と並んで台湾の高山茶の産地として最も有名であると認識しております。  写真の茶葉は、王瑞珍茶行で昨年2月に購入したもので、2006年の冬茶です。凍頂高山烏龍茶に比べてより甘みを感じます。半発酵茶と聞くとクセがあるのではと思う方もあるかもしれませんが、それは全く逆です。日本の緑茶に比べると渋みがなくて、すんなりと口の中に美味しさが広がる感じがします。今茶缶に入っている分がなくなったらまた買いたい茶葉です。  ところで、この写真の中で使っている茶器のセットは、台湾(鶯歌)の風清堂さんのものです。絵柄が統一されているので、同じお店で一度に買ったと思われるでしょうが、実際には、三つとも別のお店で買いました。風清堂さんに直接行ったときには、全部セットで揃ってはいませんでした。それだけ人気があるということでしょう。そのときは、茶壺のみ購入。その後、台北市内のお茶屋さんで、茶海を発見。そして、しばらくしてまた台湾を訪れたとき、以前は見たことがなかった蓋碗もあることを知り、即座に購入。この蓋碗、蓋碗としてはかなり小さめのサイズ。そこで私の場合、この蓋碗を工夫茶のときに、“蓋付きの茶杯”として使っています。蓋が付いていると、お茶が冷めにくいので、特に冬場は使い勝手がよいです。  こういった茶器集めも中国茶、台湾茶の楽しみの一つだと思います。 にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ<--応援クリックお願いします。
author:, category: 台湾茶, 11:43, comments(3), -, -,    
Comment
みのちゃげさん。ありがとうございます。 詳しい内容で勉強になりました。 今回買った茶葉の特徴は・・。 ? 茶葉そのものがバニラのような甘い香り ? 色は緑茶に近い色 ? 渋みはまったくなくほのかに甘みがある ? 茶煮は7から8回は飲めました。 ? 場所は阿里山でした。 ? 日本では横浜中華街でしか取り扱ってい  ない茶葉 というところまではわかっています。 購入場所は中山地区の地元住民が住んでいる ところのお茶屋さんでした。 進められたお茶の中にはこれまた日本円で 一粒200円するというジャスミン茶がありましたが、これは買いませんでした。 いいジャスミン茶は年々価格が高騰している らいしいですね。
たくみ, 2008/01/20 8:39 PM
たくみさんへ コメント有難うございます。  私の場合、値段では判断できないと思って います。  私の場合は、茶葉は殆ど台湾のお茶屋さん に直接行ってお店の人の話を聞きながら買う ようにしています。  私がよくいく王瑞珍茶行さんの場合、 今年は、この茶葉の出来がよくなく、銘柄は 有名ではないけど、今買うならこのお茶の冬 茶の方が美味しいというアドバイスをしてく れます。  普通は、「どのお茶もうちの扱っている茶 葉は美味しいです」 というと思います。  私も2002年に初めて台湾の高山茶に出 会って、まだ5年強の経験しかないので、 たくみさんのご質問にズバリの回答はできないですが、一応、私が台湾の高山茶のよいお 茶と美味しくないお茶を見分けるポイントし ては、 *渋みの度合い *何煮淹れることができるか *お茶お淹れたとき、聞香杯や蓋碗の *内側に残った香りの芳香や芳香の種類  の度合い *購入した茶葉が採れた海抜と茶畑の様子 といったところです。 ベトナムで栽培された中国茶もあります。 実際に飲ませてもらったこともあります。 あまり暑い地域でつくられた茶葉だとかなり 渋みが強いように感じました。それを飲んだ 時、なぜ茶葉が栽培された海抜が重要なのか ちょっと分かったような気がしました。ただ 単に栽培された海抜の数字だでは判断できな と思います。高山地帯で栽培されていないお 茶がブレンドされているケースもあるそうな ので。信頼のおけるお茶屋さんが教えてくれ る海抜のレベルはもちろん参考になると思い ます。  美味しいお茶は、4,5煮目くらいまでは全然味が落ちませんでした。王瑞珍茶行さん に勧められた杉林渓高山烏龍茶は、梨山茶よ りかはすこし有名度は落ちるかもしれないで すが、私が出会った茶葉では一番美味しいも のの一つでした。8煮淹れてもまだ美味しく 頂けました。  お茶屋さんによっては、実際に茶を採った 畑の様子なども見せてくれます。  とはいっても私もまだまだ素人で、実際の 茶畑はまだ見たことないです。  いつかは、南投県の高海抜地帯や凍頂山、 杉林渓、阿里山などを回ってみたいです。 
みのちゃげ, 2008/01/20 3:20 PM
はじめまして。 僕も先日台湾に行きまして、台湾茶に魅せられた一人です。 高山烏龍茶は本当に匂い・味といい上品ですよね。ペットボトルに茶葉を入れて水出ししてもすごくおいしいですし、何より茶葉がそのままの形で残っているのにびっくりしました。 購入したのは100g800元のものなのですけど、ランク的にはどの分類になるんでしょうか?
たくみ, 2008/01/20 12:59 PM