RSS | ATOM | SEARCH
奇古堂さんの温馨杯
 奇古堂01奇古堂03<br />
 奇古堂さんの温馨杯、中国茶の普段飲みに便利です。単純な寸胴にはなっておらず、上の方が少しキュッとしまっているので、飲むとき杯を傾けると、茶葉がこの窪みの部分に引っかかって、口の中にザバッと入ってくるのを防いでくれます。お茶を入れて、茶葉を蒸らした後で上蓋の裏の香りを嗅ぐと、台湾茶それぞれの芳香を楽しむことも出来ます。それに、温馨杯の口を付ける部分が少し薄くなっていて、唇の当たり具合がよく、茶杯としての機能も十分に有していると思います。つまり、温馨杯一つで、茶海、聞香杯と茶杯の機能を兼ね備えています。温馨杯のサイズは大きくないので、ケースや巾着等にいれて、仕事先や旅行先に茶葉と一緒に持って行けば、いつでも自分が好きな台湾茶や中国茶が楽しめると思います。

奇古堂02 奇古堂さんの店主、沈甫翰さんは色々なガイドブックなどにも登場されているし、氏のお茶教室に参加されたりして既にご存じに方も多いでしょう。
 私とカミさんの場合は、2004年に新宿で開催された夏の大茶会に奇古堂さんが出展された時に、沈さんのお茶教室に参加し、その後で温馨杯の説明を聞き、購入しました。

奇古堂さんのお店: 福華大飯店B1F 
奇古堂さんの茶芸サロン: 不流茶叙


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ<--応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:台湾茶・台湾茶器


author:ミノチャゲ, category: 茶器・茶葉のお店, 12:12, comments(0), -, -,    
Comment