RSS | ATOM | SEARCH
台北: 竹里館
竹里館03竹里館02竹里館01 今年2月に台湾へ行ったとき、竹里館に寄りました。茶葉料理を楽しんだとき、最後に出てきたプーアル茶が本当に美味しかった。プーアル茶は中国の雲南省で作られているお茶。  竹里館のオーナーの方は、台湾の色々な旅行ガイドブックので登場して、日本の台湾茶ファンの皆さんにはすでにお馴染み。台湾茶だけではなく、中国本土のお茶も研究し尽くされているのであろう。  非常に美味しかったプーアル茶を、購入できることを知り、帰りがけに買っていきました。日本に帰ってきてからも、少しずつ飲み続けており、この間の週末にも、また淹れました。  初めてプーアル茶を自分で購入して飲んだのは、2002年。そのときのものは、ただ単に土臭いだけで、飲めたものではなかった。竹里館のプーアル茶は、プーアル茶本来の美味しさを味わうことができるように思う。ずっと飲み続けても飽きがこない。  竹里館のオーナーさんは、竹里館と別にお茶を楽しむためのお店を出されたようだ。来年1月に台北に遊びに行くときに、ぜひ寄ってみたいと思っている。 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ 本物のプーアル生茶をお探しでしたら
中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」
author:, category: 茶藝館(台湾), 23:28, comments(0), -, -,    
台北: 徳也茶喫
徳也茶喫03徳也茶喫02徳也茶喫01 徳也茶喫には、台北に行くたびに必ず訪れています。初めて訪れたのは2002年。色々な茶藝館がありますが、こちらはなんかホッと落ち着ける安心感とマッタリ感があります。日本で購入できる台湾の旅行ガイドには、必ずといってよいほどこちらのお店は紹介されているので、日本人の観光客が結構おおいですが、騒がしいということは、まずないです。アクセスがよいことも、徳也茶喫によく行く理由のひとつ。地下鉄の駅で一番近いのは、MRT善導寺駅ですが、台北駅からでも十分徒歩圏内。私とカミさんは、台北駅前のコスモスホテルに泊まることが多いので、買い物の行き帰りに寄ったり、帰国する日に飛行機の時間まで時間があるときなど、こちらに寄ってから空港行きのバスに乗り込みます。 徳也茶喫04徳也茶喫05 お茶の種類は青茶、緑茶、プーアル茶などなど種類も豊富。  茶器の種類も豊富です。カミさんも私も好きな風清堂さんや三希さんの茶器がズラッとならんでいるので、好みのものを選ぶのもまた楽しいです。  来年の1月に、また台北に行く予定ですが、徳也茶喫には必ず行くと思います。 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
 
author:, category: 茶藝館(台湾), 00:29, comments(4), -, -,    
台北の茶藝館: 逸馨園
逸馨園06逸馨園01 MRT板南線または台鉄の板橋駅近くにあるのが逸馨園という茶藝館です。台北の中心街からは外れておりますが、非常に雰囲気もよく、茶藝館らいしい茶藝館という感じです。お店の中央に大きな池があって、各部屋の窓越しに鯉を眺めなら工夫茶を楽しめば、非常にマッタリとした雰囲気で、ついつい長居をしてしまいます(実際かなり長居しました)。 逸馨園03逸馨園02 お茶の種類も豊富。今回私達が選んだのは清境烏龍茶でした。これで工夫茶を楽しみながら明月冰心捲というアンコたっぷりのお菓子をお茶請けにしました。  行ったときは残念ながら雨でしたが、お茶を飲み、池の鯉を何をするでもなく眺めていたら、普段の仕事や喧騒を忘れて、本当にゆっくりできました。 逸馨園04逸馨園05 夏の暑い時期でも、クーラーが効いているので工夫茶も汗をカキカキとはなりません。これから秋・冬にむかいますから、より一層お茶を楽しみやすくなります。  町の中心部からは外れますが、台北にお越しの方にはお勧めの茶芸館です。 住所:板橋市南雅東路45號 TEL: (02)-2965-0713 Fax: (02)-2965-0713 にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
author:, category: 茶藝館(台湾), 15:46, comments(0), -, -,